たまたま見た動画で、大人気RPGゲームであるFFシリーズの名場面をピックアップしてまとめたものがありました。ゲーム好きなため、思わずその動画を再生してみると、懐かしい映像がどどっと流れきました。
最初は、ファミコン時代の画像から始まります。どう考えてもデザイン画とは全く違うのに、なぜかちんまりしたカクカクのキャラクターが、その人物に見えてくる不思議があります。まだまだ画像が荒く使用できる色も少ない中、FFワールドを作り上げているところは、逆に凄いなと思いました。そして徐々に時代が流れると共に、キャラクターもより表情豊かになってきます。カクカクだったのが丸みを帯びるようになり、そして2Dから3D化へと移行していきます。動きも滑らかになり、アクション性もかなり高まりました。
この動画を見た時、ここ数十年のコンピューターの世界があまりに物凄い勢いで発展したのが分かりました。今でこそ、当たり前のようにキレイなグラフィックの画面でゲームを楽しんでいますが、ちょっと前まではカクカク時代だったのだなと、改めて実感しました。

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。